<写真特集>「揚州の鳥おじさん」が見つめた鳥の世界

蒋永慶    2022年4月17日(日) 12時0分

拡大

鳥たちに日々カメラを向けてきた中国江蘇省揚州市在住の蒋永慶が、これまで撮りためた作品の一部を紹介する。

(1 / 24 枚)

鳥たちに日々カメラを向けてきた中国江蘇省揚州市在住の蒋永慶(ジアン・ヨンチン)が、これまで撮りためた作品の一部を紹介する。

その他の写真

蒋永慶はその鳥への愛から、人々に「揚州の鳥おじさん」の愛称で親しまれている。ここ数年で撮った写真は10万枚以上。2019年には揚州で滅多に見られない渡り鳥のセイタカシギが同地で初めて越冬するのを見つけた。鳥たちに向き合う蒋永慶の姿は地元のテレビ局にも取り上げられている。(編集/野谷

●蒋永慶(ジアン・ヨンチン)

1948年10月生まれ、中国江蘇省揚州市在住。揚州市人民対外友好協会理事、揚州市棋類協会副主席を務める。囲碁アマチュア5段。過去に佐賀県唐津市を3回訪れた。2014年に自身初の写真集となる「揚州湿地百鳥風情」を、17年に「揚州園林生態風韵」を出版するなどし、2021年に揚州市撮影家協会の「10人の優れたカメラマン」に選ばれた。メディアや市民から「揚州の鳥おじさん」「生態イメージキャラクター」とたたえられている。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携