ディリラバ×アレン・レンのファンタジー時代劇「恰似故人帰」、前作を超える勢いで絶好調

anomado    2022年4月6日(水) 20時50分

拡大

このほど配信をスタートした女優ディリラバと俳優アレン・レン主演の中国ドラマ「恰似故人帰」が、5大データベースで注目度1位を独占する人気を示している。

このほど配信をスタートした女優ディリラバ(迪麗熱巴)と俳優アレン・レン(任嘉倫)主演の中国ドラマ「恰似故人帰」が、5大データベースで注目度1位を独占する人気を示している。

ディリラバとアレン・レンが主演の「恰似故人帰」は、人気小説「馭鮫記」を実写化し、御霊師の仙姫・紀雲禾(ディリラバ)と鮫人・長意(アレン・レン)の愛を描くファンタジーラブロマンス。3月に配信された「与君初相識」の続編で、今月4日に動画配信サービス・優酷(YOUKU)で独占配信をスタートしている。

配信初日の4日は、愛奇芸(アイチーイー/ iQiyi)で配信される人気ドラマ「心居」の最終話と重なったものの、同日の再生回数ランキングでトップに。さらに5日、猫眼(Maoyan)をはじめ灯塔数据(Dengta)、骨朵(Guduo)、尋芸(Xunyee)、鳳凰娯楽の5大データベースでは、作品の注目度を示す熱度ランキングで「恰似故人帰」がいずれも1位を獲得している。

灯塔数据のデータによると5日、現在更新中のネット配信ドラマのうち、前日に続いて再生回数ランキングのトップに立った「恰似故人帰」は、全体の23.39%を占め、その他の最新作を圧倒する人気に。「与君初相識」の人気をキープしつつ、数字では前作を上回る勢いを示している。(Mathilda

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携