Record China

ヘッドライン:

タリム盆地で世界最古のパンツ発見、3300年前の遊牧民族が乗馬で着用か―中国

配信日時:2014年6月5日(木) 20時24分
拡大
4日、新疆ウイグル自治区のタリム盆地にある古墓群で発見された2本のパンツは、今から3300年前の世界最古のものである可能性が出てきた。
(1/2枚)

2014年6月4日、新疆ウイグル自治区のタリム盆地にある古墓群で発見された2本のパンツは、今から3300年前の世界最古のものである可能性が出てきた。揚子晩報が伝えた。

その他の写真

タリム盆地の洋海(ヤンハイ)古墓群で発見された2本のパンツは、3枚の布から作られており、装飾的な模様が施されている。腰の部分は縄で固定するようだ。長い年月で布の傷みは激しいが、パンツとしての外見はほぼ完璧に保たれている。

パンツの持ち主は40代の男性2人で、馬に乗る必要があった遊牧民族か兵士の可能性が高い。墓内ではパンツの他に、ムチやくつわ、斧(オノ)、弓などが見つかっている。

洋海古墓群は面積約5万4000平方メートルの規模。墓内で見つかった遺体や衣服、その他の文物が数千年にわたって良好な状態で保存されていたのは、タリム盆地特有の暑くて乾燥した気候によるものだという。1970年代に発掘がスタートして以来、この古墓群では500基以上の墓と多数の文物が発掘されている。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

中国ネット「平昌五輪ボイコット」と激怒!韓国メディアの「活字印刷の起源は中国ではなく韓国」との主張に

25日、ソチ冬季五輪の閉会式で流れた次回開催地、韓国・平昌のPR映像に「活字印刷」が含まれていたことから、「中国文化のパクリだ」と非難の声が上がった。これを受け、韓国メディアが韓国起源説を主張したところ、中国版ツイッターには怒りのコメントが殺到した。

Record China
2014年2月25日 21時10分
続きを読む

ランキング