チベット自治区でチルー1万頭が群れを形成―中国メディア

人民網日本語版    2022年4月3日(日) 23時50分

拡大

チベット自治区ガリ地区ゲルツェ県先遣郷付近で最近、約1万頭のチルーが群れを形成していることが確認された。

(1 / 6 枚)

チベット自治区ガリ地区ゲルツェ県先遣郷付近で最近、約1万頭のチルーが群れを形成していることが確認された。これほど大規模なチルーの群れが確認されるのは近年珍しく、圧巻の景色が広がっている。人民網が伝えた。

その他の写真

中国国家一級保護動物に指定されているチルーは、主に標高3700~5500メートルの高山草原や標高が高く寒い荒野に生息しており、夜明けと夕暮れ時にエサを探すため活動し、足が速い。チルーは主に、チャンタン草原を中心とするチベット高原に分布しており、毎年夏になると、決まったルートに沿って北上し、繁殖した後、生息地へと戻る。

チベット自治区ガリ地区の林草局は近年、野生動物保護に力を入れており、パトロールや野生動植物資源破壊事件摘発を強化して、違法な密猟を厳しく取り締まっている。その甲斐あり、同地区の野生動物の個体数は年々増加して、「野生動物の楽園」となっている。

統計によると、ガリ地区にはチルーやユキヒョウ、ヤクを含む国家一級保護野生動物が11種類生息している。同地区に生息するチルーの個体数は10万頭以上とみられており、非常に珍しい野生のゴールデンヤク230頭、野生のヤク2万5000頭なども生息している。その他、ユキヒョウやアルガリ、アオヒツジ、オグロヅルといった野生動物の個体数も目に見えて増加している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携