<写真特集>一生に一度はチベットに行ってみるべき、なぜなら…

張雷    2022年3月28日(月) 23時20分

拡大

中国安徽省のカメラマン、張雷が、チベットの風景を写真と文章で紹介する。

(1 / 37 枚)

中国安徽省のカメラマン、張雷(ジャン・レイ)が、チベットの風景を写真と文章で紹介する。

その他の写真

一生に一度はチベットに行ってみるべきだ。なぜこう言うかというと、インターネットが飛躍的に発展した今日、毎日の生活や仕事の中でさまざまなファストフード文化やささいな事に疲れ果て、日々暮らしていくというのが多くの人の現状だからだ。それゆえ、ドライブ旅行は多くの人にとって自分をリラックスさせる方法の一つとなっており、多くのドライバーが最初にチベットを選ぶ。

ではなぜ、チベットなのか。チベットは神聖な場所で、独特な環境が人々を魅了する。チベットにはその神秘的な文化を記録した神話、伝説が数多くあり、自然が育んだ巨大な変化がある。チベットが人々を引き付ける理由は数えきれないほどあるのだ。

旅をしても読書をしても、肉体と魂は一つの路上にあらねばならない。人生の道は成長や挑戦、興味あるいは逃避についての各種難題に満ちている。そしてチベットにはそれらの答えがあるかもしれない。山々と大地の間に刻まれ、氷河と川の間に伏せ、長い歴史の中に隠れて人々が探求し、見つけに来るのを待っているかもしれない。(翻訳・編集/野谷

●張雷(ジャン・レイ)

中国安徽省が拠点のカメラマン。メディアの仕事に従事。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携