ビクトル・アン氏が謝罪、妻のブランドが台湾を「国」扱い―中国メディア

Record China    2022年3月15日(火) 12時20分

拡大

中国ショートトラック代表の技術コーチとして北京五輪に参加したビクトル・アン氏は14日、妻のコスメブランドがホームページ上で台湾を「国」として扱っていたことについて謝罪した。

中国ショートトラック代表の技術コーチとして北京五輪に参加した韓国出身のロシアビクトル・アン氏(36)は14日、自身の微博(ウェイボー)アカウントを更新し、妻のコスメブランドがホームページ上で台湾を「国」として扱っていたことについて謝罪した。

中国のニュースサイトの観察者網によると、アン氏の妻のブランド「Nari」のホームページ上で「国籍」として台湾を選べるようになっていると中国のネット上で炎上した。これを受け、アン氏はウェイボーで、妻のブランドのホームページは管理がおろそかになっていたため直ちに修正したと明らかにした上で、「私たちはこの誤りについて改めて皆様におわび申し上げます」と謝罪。「私たちは常に、『一つの中国』原則を支持しています」と表明した。

中国の乳製品大手、石家荘君楽宝乳業が同日、粉ミルクブランドの公式ウェイボーで、「ブランドフレンズ」を務めていたアン氏との全ての契約を終了したと発表すると、Nariはホームページ上に中国語と英語の謝罪文を掲載した。

アン氏は2月末に中国代表との契約が満了し、韓国に戻っていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携