Record China

ヘッドライン:

韓国教授、日本代表ユニホームの「旭日旗」削除求め、FIFAとW杯出場32カ国に手紙を送る―韓国メディア

配信日時:2014年6月2日(月) 14時12分
拡大
2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の徐敬徳教授は、FIFAのブラッター会長とW杯に出場する32カ国のサッカー協会会長、アディダス社に宛て、日本代表のユニホームから「旭日旗」のマークを削除するよう求める手紙を送った。写真は日本代表の横断幕。
(1/2枚)

2014年6月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は、国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長とワールドカップ(W杯)に出場する32カ国のサッカー協会会長、およびW杯のユニホームのデザインを手がけたアディダス社に宛て、日本代表のユニホームから軍国主義の象徴である「旭日旗」のマークを削除するよう求める手紙を送った。

その他の写真

報道によると、徐教授は5月28日付の米ニューヨーク・タイムズ紙に、W杯の日本代表ユニホームに「戦犯旗」である旭日旗が記されていることを非難する広告を掲載していた。徐教授はこの広告と旭日旗の由来について記した資料を、手紙に同封したという。教授は、「FIFAは、選手やチームが政治的な主張を行うことを禁止すると規定している。ユニホーム上に旭日旗のマークなど、絶対にあってはならない。FIFAに旭日旗の正確な意味を理解させるべきである」としている。

今年3月初めに、FIFAが公式ウェブサイトでW杯出場32カ国のユニホームの発売を開始すると、韓国ネットユーザーらから日本代表のユニホームが旭日旗を模したものではないかとの批判の声が高まった。FIFAはこれに対して、ウェブサイトの文言を一部修正するなどしたが、徐教授は「それでは問題解決にならない。誤ったデザインは多くの人を傷つけた」としている。

教授は今年3月から、世界各地での「旭日旗マーク」の使用事例を収集し、関係機関に使用を中止するよう求める活動を行っている。また、「多くの西欧の国々は旭日旗の意味を理解していない」とし、「多くの人に旭日旗の真の意味を理解してもらうため」に、フェイスブックに広告を掲載する予定だという。(翻訳・編集/北田

関連記事

「旭日旗」着た韓国の人気ユニットに非難殺到、その名はズバリ「トラブルメーカー」―韓国メディア

28日、人民網によると、韓国・中央日報は、韓国の人気歌手ユニット・Trouble Makerのヒョナとチャン・ヒョンスンが日本の旭日旗が描かれたペアルックの服を着ていたことが議論を呼んでいると伝えた。写真は中国メディアの報道。

Record China
2013年11月28日 11時45分
続きを読む

ランキング