2021年度中国科学10大進展が発表 、「天問1号」の火星着陸成功など―中国メディア

人民網日本語版    2022年3月1日(火) 19時50分

拡大

中国科学技術部ハイテク研究発展センターが2月28日、2021年度中国科学10大進展を発表した。写真は天問1号。

中国科学技術部(省)ハイテク研究発展センター(基礎研究管理センター)が2月28日、2021年度中国科学10大進展を発表した。

科学進展トップ10は以下の通り。

1、中国の火星探査機「天問1号」の火星着陸成功。

2、中国の宇宙ステーションのコアモジュール「天和」の打ち上げ成功、有人宇宙船「神舟12号」と「神舟13号」の打ち上げ成功及び「天和」とのドッキング成功。

3、二酸化炭素からデンプンへの人工合成に成功。

4、月探査機「嫦娥5号」の月のサンプルが月の進化の歴史を解明。

5、新型コロナウイルス・SARS-CoV-2の抗ウイルス薬逃避メカニズムを解明。

6、500メートル球面電波望遠鏡「FAST」が世界最大の高速電波バーストのサンプルを検出。

7、高性能繊維状リチウムイオン電池の大規模生産を実現。

8、62ビット量子コンピューターのプロトタイプ「祖冲之号」の開発に成功し、プログラム可能な二次元量子ウォークを実現。

9、電源内蔵型軟体ロボットがマリアナ海溝に到達。

10 、渡り鳥の渡りルートの形成や長距離移動のカギとなる遺伝子を解明。

「中国科学10大進展」の選出は、科学技術部ハイテク研究発展センター(基礎研究管理センター)が筆頭となって行われており、今回で17回目を迎えた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携