韓国俳優を貶めた…?菅田将暉の発言が韓国で波紋呼ぶ=「世間知らず」「劣等感爆発」

Record Korea    2022年2月24日(木) 21時20分

拡大

24日、韓国・ウィキツリーは「菅田将暉が韓国俳優を貶める妄言を吐き、ひんしゅくを買っている」と報じた。写真は菅田将暉が出演した映画のポスター。

2022年2月24日、韓国・ウィキツリーは「“韓国の俳優はナルシスト”、嫌韓・劣等感・暴言をぶちまけた日本のイケメン俳優」と題する記事で、「菅田将暉が韓国俳優を貶める妄言を吐き、ひんしゅくを買っている」と報じた。

紹介されたのは、19日夜に日本で放送されたトークバラエティー番組「まつもtoなかい~マッチングな夜~」で菅田将暉と山田孝之韓国ドラマの人気について語り合うシーン。司会の中居正広が「韓国のラブストーリーは好きなのに、なぜ女の子は日本のラブストーリーを見ないのか」と疑問を呈すると、菅田将暉は韓国ドラマについて「個人的にすごいと思うのは、ちゃんとラブストーリーをやってるのは、偉いと思う。30半ばの俳優たちが全力でラブストーリーに向き合っている。それが良いか悪いかは別として、体感としてやっぱり照れるし恥ずかしいし、“こういうの見たいんだろ?”っていうところにちゃんとナルシストになって向き合わなきゃいけないから違う体力がいる」とし、「それをちゃんとやってることのファンの作り方みたいなのも、あるのかなと思った」と述べた。

ウィキツリーは「この映像は日本の文化を主に紹介する韓国のYouTubeチャンネルで紹介された」とし、ネットユーザーから「世間知らずで日本が最高だと思って生きている」「30年間賃金の変わらない国の俳優だからか、国際感覚に乏しいようだ」「こんな話に周りが共感を示し、まじめに聞いていることも笑える」などの声が上がったと紹介している。

その他にも、韓国のネット掲示板には「ラブストーリーでもコメディーでも全力を尽くすのがプロ。それを恥ずかしいと思うのはアマチュア」「うらやましいならそう言えばいいのに」など反論の声が多数上がっている。また、他の韓国メディアも「日本の有名俳優が『韓国の俳優のラブストーリー演技は媚びていて恥ずかしい』と発言した」「韓国コンテンツを嘲弄した」「うまくいっている韓国ドラマに劣等感を爆発させたようだ」などと、実際の発言とはやや違うニュアンスで報じている。

一方で、ネット上では「演技のうまい2人が韓国ドラマを見て分析までしてくれるなんてすごいことだ」と喜ぶ声や、「実際は嫌韓ではなく韓国を認めているニュアンスが強かった」「悪意ある解釈をせずに個人の意見としてそのまま受け入れればいいのに」と指摘する声も少なからず見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携