中国人観光客が「あっけにとられた!」、電車にまつわる日本人の「3つの能力」とは?―中国ネット

Record China    2014年6月1日(日) 23時50分

拡大

29日、観光で東京に訪れた中国人男性が、東京の地下鉄に乗るときに必要な「3つの能力」を自身のブログで紹介している。写真は東京の地下鉄。

(1 / 2 枚)

2014年5月29日、観光で東京に訪れた中国人男性が、東京の地下鉄に乗るときに必要な「3つの能力」を自身のブログで紹介している。

その他の写真

文章はまず、「東京の地下鉄は、ラッシュ時にはとても混雑するが、日本人の秩序によって駅や車内は快適に保たれている」とし、その理由として、「日本人は、車内では本を読んでいるか、携帯電話をいじっているか、寝ているかのいずれかで、ひと言も言葉を発しない。携帯電話での通話も禁止だ。誰もが他人の邪魔にならないよう気を遣っている」と説明する。

そして、東京の地下鉄に乗るときに必要な「3つの能力」を紹介する。「1つ目は、手すりやつり革につかまらなくてもバランスを保てる能力。2つ目は、椅子に座ったらすぐさま眠れる能力。そして3つ目は、降りる駅に着いたらすぐに目を覚ませる能力だ」とし、「東京での3日間で、日本人のこれらの能力を目の当たりにした」と記す。

実際に見た例として「電車に乗ってきたある男性は、座席に座るとすぐにキツツキのように頭を揺らし始めた。電車が駅に到着し、ドアが開いてから10秒ほどが経ったとき、男性はパッと目を覚ますと荷物を手に取り、足早に下車していった」と紹介し、「これを見たとき、私はあっけにとられた。日本人の身体には、生まれつき目覚まし時計が付いているとでもいうのだろうか?時間に正確すぎる!」と驚嘆している。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携