Record China

ヘッドライン:

「泣くための部屋」付きの住宅が日本で開発、涙でストレス解消―香港紙

配信日時:2014年5月31日(土) 8時11分
拡大
30日、現代人は生活上のストレスが大きいため、日本の不動産業者が住宅内に思い切り泣くための専用のスペースを設けた「涙活支援住宅」という奇抜なアイデアの商品を開発した。
(1/2枚)

2014年5月30日、現代人は生活上のストレスが大きいため、日本の不動産業者が住宅内に思い切り泣くための専用のスペースを設けた「涙活支援住宅」という奇抜なアイデアの商品を開発した。香港・文匯報が伝えた。

その他の写真

同商品は住宅内に5平方メートル足らずの小さな部屋を設置したもので、中にはテレビと音響システムが備えられ、住民が涙を誘われるような映画や音楽を視聴することができるようになっている。

開発したトレジャーホーム社によると、大泣きすることはストレス解消や抑圧された心の解放のためになり、人体にも有益だ。思い切り泣く場所を持たない現代人の事情をふまえて、商品に「涙」の要素を取り入れることにしたという。(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/武藤)

関連記事

<日本人が見た中国>日本人が中国で活動する意味は何か?

20日、中国で活躍している俳優・矢野浩二が、日本人が中国で活動する意味についてつづっている。公開中の映画「最佳嫌疑人」ではドジでまぬけな日本人のキャラクターを演じている。悪のイメージとはかけ離れた、ユーモアのある日本人キャラクターだ。

Record China
2014年4月22日 2時20分
続きを読む

ランキング