日本の若い男性がハマった?韓国企業が開発した「豆腐バー」がコンビニで大ヒット

Record Korea    2022年2月12日(土) 19時0分

拡大

韓国の食品会社「Pulmuone」が開発した「豆腐バー」が、日本のコンビニで累積販売数1000万個を突破した。

2022年2月10日、韓国メディア・毎日経済によると、韓国の食品会社「Pulmuone(プルムウォン)」が開発した「豆腐バー」が、日本のコンビニで累計販売数1000万個を突破した。

「豆腐バー」とは、2020年11月にPulmuoneが子会社の「アサヒコ」から発売した植物性タンパク質食品。100グラム当たり約14.7グラムのタンパク質が含まれており、普通の豆腐よりも硬い「サラダチキン」のような食感が特徴。発売直後から30~50代の男性を中心に人気を集め、発売から4カ月で累計販売数300万個を突破した。

この流れを受け、アサヒコは昆布やかつおぶしのだしで味付けした「和風だし」と、青唐辛子とゆずの風味を加えた「柚子胡椒風味」の2種類をはじめ、枝豆とひじきを生地に練り込み食感を高めた「枝豆とひじきの豆腐バー」も追加で発売した。その結果、22年1月に累計販売数がついに1000万個に達したという。

Pulmuoneは日本で「豆腐バー」の流行はさらに加速化するとみており、2月中に日本全国のセブン-イレブンをはじめ、イトーヨーカドーやヨークマートなどにも販路を拡大する方針とのこと。アサヒコのマーケティング本部マーケティング部の池田部長は、「これまで豆腐は主に60代以上の高齢者に好まれる食品だったが、『豆腐バー』のヒットにより若い層からも人気を得られるようになった」とし、「日常的に豆腐をよりおいしく手軽に食べられるよう、ラインナップを拡大していく計画」と語っているという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「韓国企業の食品開発能力は素晴らしい」「日本人が好きそうなスタイル」「運動する前の間食によさそう」「韓国でも大型マートでたまに買って食べるけど、満腹感も出るし味も悪くないよ」「これを見たら韓国でも人気が出るかも」など、肯定的な意見が寄せられている。

一方で、「日本のコンビニでは128円なのに、韓国では2200ウォン(約212円)で売っているのはどういうこと?」「きっと日本人は韓国の製品だと知らずに食べているんだろうね」「韓国内では反日をあおっておいて、日本で売れたものは自慢するのか」「なぜ韓国のマートでは日本の食品を売らないの?」など、冷ややかなコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携