琉球もベトナムも、清の属国だった!=250年前の地図を公開展示―中国メディア

配信日時:2014年5月30日(金) 17時32分
琉球もベトナムも、清の属国だった!=250年前の地図を公開展示―中国メディア
画像ID  423520
30日、中国新聞網によると、香港普芸競売有限公司が今月28日に展示公開した、乾隆32年(西暦1767年)に制作された「大清万年一統天下全図」では、琉球やベトナムはいずれも清の属国だと記されている。
2014年5月30日、今年は日清戦争(甲午戦争)から120周年にあたる。日中間では領土紛争が依然として絶えず、最近では中国とベトナムも南シナ海で領土紛争を抱えている。香港普芸競売有限公司が今月28日に展示公開した、乾隆32年(西暦1767年)に制作された「大清万年一統天下全図」では、その帰属がはっきりと記されている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

「大清万年一統天下全図」は同日、競売業界内で公開展示され、多くのコレクターが足をとめて注目し、地図の精緻さや文字の明晰さを評価した。

「大清万年一統天下全図」は長さ115cm、幅106cmで、黄千人が1767年に制作を担当した。図では琉球国、安南国(ベトナム)がいずれも清の属国として描かれている。そのうち「琉球国」の位置に「明初期に帰属した。中山、山北、山南の3つに分かれる。後に中山だけが朝貢したため、本朝はこれを冊封した」と注記されている。

競売会社の荘(ジュアン)副総裁は取材に対して、「古琉球国の地理的位置は台湾と日本の九州の間にあり、清朝の歴史書『使琉球記』の記載によれば、清朝の大使官員が海路で琉球国に向って国王を冊封した時、釣魚島(尖閣諸島)を通りかかり、島に上陸して『神と海を祭る』儀式を行い、天候と旅の無事を祈ったとある」と語った。荘副総裁は、「250年近くの歴史的な文化財の動かぬ証拠が、釣魚島の帰属をはっきりと物語っている」としている。(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事