羽生結弦は6日に北京入りか、選手村に入らずバブル方式ホテルで本番に備える?

Record China    2022年2月6日(日) 15時0分

拡大

フィギュアスケート男子で94年のリレハンメル大会からの五輪3連覇を目指す羽生結弦選手が6日に北京入との報道があった。写真は北京空港で羽生選手を待つファンが撮影。

(1 / 3 枚)

中国のスポーツメディアのPP体育は6日、「日本メディアが明らかにしたもの」として、フィギュアスケート男子で94年ぶりの五輪3連覇を目指す羽生結弦(27)が6日に北京入りすると報じた。

その他の写真

羽生は5日に首都体育館で行われた公式練習に姿を見せなかった。6日に北京入りするとすれば、同日午前9時半に成田を出発する北京五輪関係者向けの全日空特別便を利用する可能性が高い。7日の場合、やはり同じ時間に出発する全日空の特別便がある。

北京首都国際空港では、航空便のスケジュールなどから羽生が到着するタイミングを予想して待ち構える「羽生愛」に溢れるファンも出現したという。

PP体育の記事によると、羽生は選手村には入らず、日本オリンピック委員会(JOC)が手配した北京動物園近くの「バブル方式」を採用したホテルで本番に備えるという。同ホテルは首都体育館まで車で約10分の距離にある。

北京五輪のフィギュアスケート男子シングルは8日に、ショートプログラム(SP)が行われる。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携