日本の店が中国産ウナギを国産と偽り販売=中国ネット「匠の精神なんて笑止千万」「いつか日本製品が…」

Record China    2022年2月1日(火) 12時20分

拡大

31日、環球網は、日本で中国産ウナギを日本産と偽って販売する事例が再び見つかったと報じた。

2022年1月31日、中国メディアの環球網は、日本で中国産ウナギを日本産と偽って販売する事例が再び見つかったと報じた。

記事は、日本メディアが31日に報じた内容として、奈良県に本店を持つ食品販売会社「うな源」が当局の調査を受けた際、20年4〜11月にかけて中国産ウナギ16万食を国産ウナギと偽って複数のルートで販売していたことを明らかになったと紹介。同社が「国産に比べて中国産は廉価で身が大きく、軟らかい。店のイメージを守るために産地を偽装した」と説明したことを伝えた。

その上で、日本では昨年12月にも岐阜県高山市の食品卸売業者が中国産ウナギ約6600匹を愛知県産ウナギと偽ってスーパーマーケットや飲食店などに販売していたことが当局の調査で明らかになっていると紹介した。

中国のネットユーザーからは「なんだ、日本も偽装をするんだな」「日本の匠(たくみ)の精神なんて笑止千万。商人の頭にあるのはカネばかり。これこそ王道だ」「本物の国産ウナギは高くて買えない。一般庶民は中国産しか食べられない」「中国の海産物は安全だけれど、体面を気にして日本の国産品として偽装する。国産品はもっと値段が高いはずだろうに」「早晩、自分が高い値段を出して買っていた『国産ウナギ』がみんな中国産だったって日本人は気づくだろう」「中国のウナギだって質が良くなったのだから、廉価なイメージから脱却して中国ブランドのイメージをつくるべき。いつか日本製品が中国製品と偽って売られるような日が来ることを願う」といった感想を残している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携