Record China

ヘッドライン:

中国人男性が日本の「アレ」を初体験=「数人の女性に囲まれた私は、戦々恐々としていた」―中国ネット

配信日時:2014年5月30日(金) 5時0分
拡大
1/2枚
2014年5月29日、日本を訪れた中国人男性が、東京の地下鉄で初めてラッシュアワーを体験したときのことについて、ブログにつづっている。以下はその概要。

その他の写真

日本の地下鉄が非常に混むことは、日本に行く前から知っていた。しかし、今回の東京旅行で初めてラッシュアワーを体験したときはたまらなかった。

日本ドラマでの描写と同じく、駅やホームは人であふれかえっていた。電車が都心に近付くほど、混雑の度合いは増した。ある駅で、もう乗れないだろうと思ったとき、2人の女性がドアの前でくるりと反転すると、背中で私を中へと押しやった。このような身動きできない状況で私が心配したのは、どうやって呼吸を確保するかではなく、自分の手をどこに置けばよいかということだった。

日本の地下鉄の車内では、至る所で女性の敵「痴漢」に出くわす。もちろん、捕まった後には悲惨な運命が待ち受ける。数人の女性に囲まれた私は、「もし自分の手がどこかに触れて、彼女たちが誤解したら、私は責任を取るしかないのではないか」と1人で戦々恐々としていた。

日本の地下鉄では、日本人がどのように公共道徳を順守するかを感じることができる。車内では話をする人はおらず、いたとしても小声で話す。車両がぶつかる音や、車輪と線路の摩擦音以外は、何も聞こえない。ホームで電車を待つときはドアの位置に並び、電車が到着すると降りる人を先に通すために二手に分かれる。すべてが秩序をもって行われているため、混乱することはなかった。(翻訳・編集/TK)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング