中国不動産開発の世茂集団、100億ユーロの資産売却へ―仏メディア

Record China    2022年1月26日(水) 10時20分

拡大

25日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、中国の不動産大手・世茂集団が経営難により100億ユーロ(約1兆2900億円)を超える資産を売却しようとしていると報じた。写真は世茂集団。

2022年1月25日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、中国の不動産大手・世茂集団が経営難により100億ユーロ(約1兆2900億円)を超える資産を売却しようとしていると報じた。

記事は「中国でまた不動産デベロッパーが財務危機に陥っている」として、世茂集団が25日時点ですでに100億ユーロを超える資産を売却しようとしており、中国の不動産市場が下落する状況での現金の流れの確保に取り組んでいると紹介。同集団は販売契約金額ベースで中国国内13番目の大手デベロッパーであり、今回売却予定の資産には北京、上海を含む17地域の資産34件がリストアップされていると伝えた。

その上で、中国政府が20年から不動産企業の投機行為に対する規制を強めた結果、恒大集団や世茂集団など一部の不動産企業で債務不履行が発生していると解説。「中国の重量級企業が倒産の危機に瀕している状況は、中国の不動産業界に悪影響をもたらすとともに、関連企業にも大きな苦境をもたらす」とした。

記事は、世茂集団が現在国内外で約89億ユーロ(約1兆1500億円)の未償還債務を抱えており、年内に22億ユーロ(約2830億円)の債務が償還期限を迎える見込みだと伝えている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携