人民元の世界決済額シェアが日本円を抜く、2015年以来の最高水準―中国メディア

人民網日本語版    2022年1月23日(日) 7時30分

拡大

国際銀行間通信協会が発表した報告によると、世界の決済額における人民元のシェアが、2021年12月には11月の2.14%から2.70%に上昇し、15年9月以来の最高水準を更新したという。

国際銀行間通信協会(SWIFT)が19日に発表した報告によると、世界の決済額における人民元のシェアが、2021年12月には11月の2.14%から2.70%に上昇し、15年9月以来の最高水準を更新したという。「環球時報」が伝えた。

人民元の世界決済額シェアの順位は、15年8月に中国人民銀行(中央銀行)が人民元為替レート制度の改革を打ち出して以降、初めて日本円を抜いて4位に躍進した。トップ3は米ドル、ユーロ、英ポンドで、そのシェアはそれぞれ40.51%、36.65%、5.89%。日本円、カナダドル、オーストラリアドルはそれぞれ2.56%、1.64%、1.27%のシェアで、5位、6位、7位となっている。22年になると人民元は上昇傾向が続き、1月20日には対米ドルレート基準値が1ドル=6.3485元になり、前取引日に比べて139ポイント上昇し、18年5月以来の最高を更新している。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携