バドミントンをしていた女性が相手のサーブにブチギレ、警察に通報―中国

Record China    2022年1月12日(水) 23時20分

拡大

中国広東省深セン市の体育館でバドミントンをしていた女性が相手のサーブに激怒して警察を呼ぶ騒動となった。

中国広東省深セン市の体育館でバドミントンをしていた女性が相手のサーブに激怒して警察を呼ぶ騒動となった。中国メディアの極目新聞が12日付で報じている。

報道によると、騒動があったのは先週のこと。2組の男女がダブルスで試合をしていたところ、一方のピンクのシャツの女性が相手からたびたびフェイントをかけてのロングサーブを狙われていた。レシーブすることができず、試合中にも怒りをあらわにしていたという女性は、試合終了後に相手と口論になり警備員が駆け付ける事態に。それでも怒りが収まらない女性は警察に通報、相手に謝罪を要求したという。

現地メディアが体育館に問い合わせたところ、対応した職員は「警察が仲裁したと聞いている。その日は非番だったため最終的にどうなったのかは把握していない」とし、「女性以外の男女3人は常連客。女性はあまり見ない顔なので実力がどうだったかは分からない」と語った。

中国のネットユーザーからは「まったく何をやっているんだ」「負けず嫌いで警察の労力を無駄遣いしないでほしい」「こんなにごねるなら最初からやるな」「(負けが込んでいる)サッカーの中国代表も警察に通報してみたら」などの声が上がった。

報道によると、相手の虚を突いてのロングサーブはロンドン五輪男子ダブルス金メダルの蔡贇(ツァイ・ユン)氏も多用した得意技。ただ、蔡氏は中国語では「偷(盗む)」という文字を使って表現されることから、イメージが悪くなっているとコメントしているという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携