オミクロン感染に明らかな低年齢化も原因は不明―米華字メディア

Record China    2022年1月12日(水) 6時20分

拡大

10日、米華字メディア・多維新聞は、中国でも感染者が確認された新型コロナウイルスのオミクロン変異株について、香港の専門家が児童への感染が多いことを指摘したと報じた。写真は天津のPCR検査。

2022年1月10日、米華字メディア・多維新聞によると、中国でも感染者が確認された新型コロナウイルスのオミクロン変異株について、香港の専門家が児童への感染が多いことを指摘した。

記事によると、世界的にオミクロン株の感染が拡大する中で、中国でも天津市で8日に2人のオミクロン株感染者が初めて見つかり、その後9日午後9時現在で同市内で40人の感染者が確認され、そのうち22人が児童だったという。

香港大学のウイルス専門家、金冬雁(ジン・ドンイエン)氏は10日、児童のオミクロン株による発症率は他の株より顕著に高い訳ではないとする一方で、感染した児童の数、入院する児童の数が多くなっていると指摘。また、オミクロン株の特性が児童の感染者数を上昇させるかについてははっきりとした結論が出ておらず、児童のワクチン接種率が低い、冬は学校で密閉空間が生じやすくクラスターが起きやすいといった要因も関与しているとの見方を示した。

天津市衛生健康委員会の発表によると、昨年12月13日現在で、同市の12歳以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.9%に達している。3〜11歳の接種率については、発表されていないという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携