北京五輪委もビックリ! 羽生結弦選手への「愛の葉書」が土砂降り状態

Record China    2022年1月9日(日) 13時10分

拡大

北京冬季五輪委員会が、出場選手を応援する葉書を投函する「愛の葉書」運動を提唱したところ、羽生結弦選手への葉書が、委員会の想定をはるかに超えて殺到している。

北京五輪委員会が、出場するお気に入りの選手を応援する葉書を受け付ける「愛の葉書」活動を呼び掛けたところ、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援する葉書が想定をはるかに超えて「大雨」のごとく殺到しているという。

北京冬季五輪大会は2月4日に開会式を迎えるが、新型コロナウイルス対策のために中国国内在住者に限って観戦を認めるなど影響が出ている。そこで北京五輪委員会は北京市内の私書箱を指定して、出場選手を応援する葉書を受け付けると発表した。趣旨としては、試合の際に会場で、自らの出身国からやってきた観客の応援を受けることができなくなった外国人選手全体を力づけるためだが、自分の好きな選手を特定して応援する葉書も歓迎するとした。

羽生選手は中国でも人気が極めて高い選手だ。そのため、羽生選手を応援する葉書がとりわけ多いことは予想していた。しかし同委の陳寧文化活動部長によると、羽生選手を名指しして応援する葉書の数は想像をはるかに上回っていた。

陳部長によると、コロナ対策のために日本からの観戦旅行ができなくなったことが、想定外の葉書の多さに結びついたと見られる。中国人の羽生選手ファンから、日本人に代わって、「その分もっと応援しよう」の呼びかけが起きたからだという。陳部長は、中国のファンは羽生選手の応援をしっかりやり遂げていると説明した。

羽生選手は、アニメのキャラクターである「クマのプーさん」好きで知られている。そのため、競技会で羽生選手の演技が終了した際には、ぬいぐるみがスケートリンクに大量に投げ込まれる現象がしばしば発生している。中国でこれは「プーさんの雨」と呼ばれている。羽生選手の中国人ファンの熱心な投函によって、今度は「葉書の雨」が降ることになった。

しかし中国人ファンの間では、まだ満足できないとする声が上がっている。この件について取材を受けた陳部長は、羽生選手を応援する葉書を積み重ねた厚さを両手を使って表現したが、競技会場で「プーさんの雨」を目撃した経験のあるファンは「(集まった葉書の束は)とても分厚いが、まだまだ足りない」と、さらに葉書を送ることを呼びかけたという。葉書の受け付け終了は1月15日なので、羽生選手を応援する「葉書の雨」は、さらに“大降り”になる可能性があるという。

陳部長は、羽生選手に寄せられた大量の葉書について「時期を見て、羽生選手に手渡します」と説明した。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携