中国の名門大学を卒業して海外に留学する人数、大きく減少―米華字メディア

Record China    2022年1月7日(金) 10時0分

拡大

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は5日、中国の名門大学を卒業して海外に留学する人数が大きく減少していると報じた。写真は北京大学。

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は5日、中国の名門大学を卒業して海外に留学する人数が大きく減少していると報じた。

記事によると、北京大学を2020年に卒業して出国した人の数は1084人で、卒業者全体に占める割合は13.34%だったのに対し、21年は793人(同8.17%)に減少した。うち学部卒業者は553人。

清華大学も、卒業者全体に占める割合は、19年の15.3%から20年は9.6%、21年は6.9%へと落ち込んでいる。21年に卒業して出国した人の数は517人。留学先は米国が228人で、全体の44.1%を占め、英国(91人)、シンガポール(50人)と続いた。

業界関係者によると、新型コロナウイルスの感染拡大のほか、景気の下押し圧力が強く、学生や保護者が「コストパフォーマンス」を求めるようになったことが背景にあるとみられる。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携