マスクなしパーティー、韓国でも米軍基地のコロナ管理態勢に批判高まる

Record Korea    2022年1月4日(火) 20時20分

拡大

在沖縄米軍内で新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が拡大しているが、韓国でも米軍関係者が年末にマスクなしパーティーを開いていたことが明らかになり批判が高まっているという。

在沖縄米軍内で新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が拡大しているが、韓国でも米軍関係者が年末に「マスクなしパーティー」を開いていたことが明らかになり、米軍基地のコロナ管理態勢に批判が高まっているという。

中国国営中央テレビ(CCTV)のニュースサイトによると、在韓米軍司令部は昨年12月28日、同27日までの1週間に、全国の米軍基地に勤務する兵士ら関係者467人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。在韓米軍が感染者の集計を週単位に変更した昨年11月以降で最多となり、前週の75人から大きく増加した。

467人のうち457人は京畿道平沢市にある烏山空軍基地とキャンプ・ハンフリーズ内での感染事例で、残り10人は海外感染事例だという。

キャンプ・ハンフリーズでは昨年12月17日に年末の祝賀会が催されたが、出席した約400人の多くがマスクを着用せず、社会的距離も守っていなかったことが明らかになり、批判を浴びている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携