羽生結弦が4A着氷、中国で大反響=「奇跡の創造者!」「人類よ、震えろ」

Record China    2021年12月23日(木) 22時20分

拡大

フィギュアスケートの羽生結弦が全日本選手権の公式練習で4回転アクセルの着氷に成功したことが、中国でも大きな反響を呼んでいる。資料写真。

フィギュアスケートの羽生結弦が全日本選手権の公式練習で4回転アクセル(4A)で着氷したことが、中国でも大きな反響を呼んでいる。

日本のメディアの報道によると、羽生は23日の公式練習で4Aに3度トライ。そのうちの1回で、バランスを崩しながらも片足での4A着氷に成功したという。練習後には「回転は10割でかけている状態ではない。氷の感触を確かめながら軸を作ることをやっていた」と語った。

中国のスポーツメディア・新浪体育は、「羽生は事前に体調はほぼ回復していると語っており、今大会では4Aという超難易度の技への挑戦を表明していた。そして、その後の報道で羽生は試合前の公開練習で4Aに成功した!」と報道。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では「羽生結弦4A」がトレンド入りした。

中国のネットユーザーからは「おめでとう、おめでとう!」「ユヅ、すごすぎるよ」「歴史が動いた」「人類が4Aを跳ぶなら、彼しかいないと思っていた」「フィギュアスケートの奇跡だ!人類の極限を突破する快挙だ」「フィギュアスケートのトップ・オブ・トップ。奇跡の創造者だ」「羽生結弦、あなたは神です!!フィギュアスケートの神!!」「羽生結弦は口にしたことはすべて達成してきた!」「これは人類が初めて100メートル走で9秒台に突入したのと同じくらいのこと。人類よ、震えろ」といった驚きや称賛の声が上がっている。

羽生は26日のフリー「天と地と」で4Aを跳ぶ予定で、成功すれば史上初の快挙となる。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携