中国人船長、ベトナム人船員にめった刺しにされて死亡―中国メディア

Record China    2021年12月13日(月) 16時20分

拡大

12日、新京報は、韓国海域を航行していた商船で中国人船長がベトナム人船員にめった刺しにされて死亡する事件が発生したと報じた。写真は仁川港。

2021年12月12日、中国メディアの新京報は、韓国海域を航行していた商船で中国人船長がベトナム人船員にめった刺しにされて死亡する事件が発生したと報じた。

記事は、韓国メディアの報道として、韓国・仁川市付近の海域で8日夜、航行中のコンテナ商船の船長が船員に殺される事件が起きたと紹介。44歳の中国人船長は24歳のベトナム人船員に刃物で複数箇所刺されて死亡したと伝えた。

目撃者は「容疑者は当時ウイスキーを2杯飲んでおり、船長から叱られたことに腹を立てて操縦室で犯行に及んだ。その後、他の船員が容疑者を個室に閉じ込めた上で、警察に『腹が痛い人がいる』と通報した」と語ったという。

記事によると、通報を受けた韓国の海上警察が現場に駆けつけて捜査、容疑者をその場で逮捕したという。

事件があった船は1万3000トン級のパナマ船籍の商船で、ベトナムを出港して韓国の平沢に向う予定だったという。船には船長を含む中国人2人と、容疑者を含むベトナム人17人が乗っていたとのことである。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携