日本大使館が日本のプロギングを紹介、中国人から「ごみは誰が捨てたのか」とツッコミ

Record China    2021年12月8日(水) 22時20分

拡大

在中国日本国大使館がウェイボーで、日本のプロギング(ごみ拾い+ジョギング)について紹介する投稿をしたところ、中国人から「ごみは誰が捨てたのか」とのツッコミが寄せられた。写真は東京・新宿。

在中国日本国大使館の微博(ウェイボー)公式アカウントが6日、日本のプロギング(ごみ拾いとジョギングのSDGsスポーツ)について紹介する投稿をしたところ、中国人から「ごみは誰が捨てたのか」とのツッコミが寄せられた。

プロギング(Plogging)とは、ごみ拾い(PlockaUpp)とジョギング(Jogging)を合わせたスウェーデン発の新フィットネス。

在中国日本国大使館は投稿で、プロギングの普及やプロギングを通じたSDGsの浸透に取り組んでいる「プロギングジャパン」の活動について紹介した。

これについて、ウェイボーアカウントの「無為李爺」は7日、在中国日本国大使館の投稿を転載し、「在中国日本国大使館は、日本人が素養が高く環境保護を重視していると自慢しているようだが、中国人からツッコミを浴びている」とした上で、「日本人はジョギングしながらごみを拾っているようだけど、そのごみは誰が捨てたのかな」「核廃水放出の方がごみ拾いよりもはるかに重大だ」「まず議論すべきなのは核廃水の問題」などの声が上がっていることを取り上げた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携