中国選手に敗れメダル逃す、中国SNSで「伊藤美誠」がトレンド1位浮上—世界卓球シングルス

Record China    2021年11月28日(日) 14時20分

拡大

米テキサス州ヒューストンで行われている卓球の世界選手権の女子シングルス準々決勝で、伊藤美誠は中国の王芸迪に1-4で敗れ、メダル獲得を逃した。

米テキサス州ヒューストンで行われている卓球の世界選手権の女子シングルス準々決勝で、伊藤美誠(21)は中国の王芸迪(ワン・イーディー)(24)に1-4で敗れ、メダル獲得を逃した。

中国メディアの鳳凰網体育は、伊藤が敗れたことで「日本は女子シングルスで全軍壊滅」と報じた。

日本勢は、4回戦で平野美宇(21)が中国の陳夢(チェン・モン)(27)に、早田ひな(21)が王にそれぞれ敗れ、石川佳純(28)も準々決勝で陳に敗れた。

中国SNSの微博(ウェイボー)では28日午前、伊藤が敗れたことを受け、「伊藤美誠」がトレンドワード1位に浮上しており、中国での関心の高さがうかがえる。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携