過去最高額15億円のアインシュタイン相対性理論メモ、落札したのは香港の実業家―中国メディア

Record China    2021年11月26日(金) 13時20分

拡大

中国メディアの環球網は25日、物理学者アインシュタインの一般相対性理論に関する手書きのメモを約15億円で落札したのは香港の著名実業家だと報じられたことを伝えた。写真はアインシュタイン。

中国メディアの環球網は25日、物理学者アインシュタインの一般相対性理論に関する手書きのメモを1160万ユーロ(約15億円)で落札したのは香港の著名実業家だと報じられたことを伝えた。

記事によると、メモは23日、クリスティーズのオークションにかけられ、約15億円で落札されたが落札者については明かされなかった。複数の香港メディアは24日、落札したのは香港の著名実業家の李嘉誠氏と報道。一方、李嘉誠基金会はこの件について「コメントは控える」としたという。

記事はまた、メモはアインシュタインと友人の物理学者が記したもので、54ページに及ぶと紹介。「落札額はアインシュタインの各種手稿の中で過去最高額だ」とも伝えた。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携