中華圏にも貢献した衣装デザイナーのワダエミ氏が死去、チャン・イーモウ監督、ファン・ビンビンらが哀悼

anomado    2021年11月22日(月) 9時20分

拡大

中華圏の映画やドラマでも活躍した衣装デザイナーのワダエミ氏の訃報を受けて、チャン・イーモウ監督や女優ファン・ビンビンらがSNSを通じて哀悼の意を示している。

(1 / 2 枚)

中華圏の映画やドラマでも活躍した衣装デザイナーのワダエミ氏の訃報を受けて、チャン・イーモウ(張芸謀)監督や女優ファン・ビンビン范冰冰)らがSNSを通じて哀悼の意を示している。

その他の写真

黒沢明監督の1985年の映画「乱」でアカデミー賞衣装デザイン賞に輝くなど、国際的に活躍したワダエミ氏が今月13日に亡くなっていたことが、21日に報じられた。ワダ氏は日本映画界のみならず、チャン・イーモウ監督の映画「HERO」「LOVERS」やオペラ作品の「始皇帝」をはじめ、「キラーウルフ 白髪魔女伝」や「宋家の三姉妹」、最新作では今秋公開されたアン・ホイ(許鞍華)監督の「第一爐香」など、数多くの中華圏作品に貢献してきた。

ワダ氏の死去を報道で知ったというチャン・イーモウ監督は21日、一緒に作り上げた作品の名前を挙げ、「これらの中で彼女が生み出した素晴らしい造形は、永遠に人々の心の中で生き続けます。どうか安らかに。天国でも変わらず美しくありますように」と中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通じてコメントした。

女優のファン・ビンビンはウェイボーで、映画「楊貴妃 Lady Of The Dynasty」からのビジュアル写真を投稿。「あなたのデザインした衣装を着ると誰もが、演じたこともないのにその役柄になれた。過去、私もその光栄に浴した」とワダ氏の偉業を称えている。

ドラマ「花と将軍~Oh My General~」、映画「第一爐香」でワダ氏と関わった女優のマー・スーチュン(馬思純)もウェイボーで、昨年撮影した「第一爐香」でワダ氏と会った時の様子や、「写真を現像してプレゼントする」と言ったワダ氏が、約束を果たせず逝ったことへの心残りを示している。

同じく「花と将軍~Oh My General~」に主演した俳優ション・イールン(盛一倫)は、同作でワダ氏が生み出した美しい衣装をまとったことを「光栄に思う」と記し、「きっとあちらの世界でも、ワダ先生が一生愛した仕事に引き続き専念されると思う」とつづっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携