羽生結弦の動向に中国メディアが注目=「4年前より厳しい」

Record China    2021年11月20日(土) 12時40分

拡大

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯の欠場を発表した羽生結弦の今後について、中国メディアが注目している。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯の欠場を発表した羽生結弦の今後について、中国メディアが注目している。気になるのはやはり、来年2月の北京五輪への出場のようだ。

日本スケート連盟は17日、「けがの回復が遅れているため」として、26日からのロシア杯を欠場することを発表した。羽生は今月4日、練習で右足関節靱帯を損傷したことを発表し、12日からのNHK杯への欠場を表明していた。

中国紙・瀟湘晨報は、「12月22日から埼玉で開催される全日本選手権で、羽生結弦は遅い冬季五輪シーズンのデビューを迎えることが期待される。全日本選手権は冬季五輪選考会でもある」と説明。また、「全日本選手権に間に合わなかったとしても、日本スケート連盟は特例を設けた過去がある」とし、2017/18シーズンに右足を負傷した羽生が全日本選手権を欠場しながらも平昌五輪の出場権を獲得したことを挙げた。

一方で、2017/18シーズンはGPシリーズなどに出場していたものの、今回は3月の世界選手権以降、大会への出場がないため「ブランクの長さ」が懸念材料と指摘。3カ月のブランクを経て出場した平昌五輪で金メダルを獲得した4年前と比べても、北京五輪にぶっつけ本番で臨み優勝をさらう難易度は「さらに高い」との見方を示した。

中国紙・北京日報は、「羽生は4年前の平昌五輪の前も一連の大会を欠場し、ぶっつけ本番で臨んだ。その結果、試合に神秘的な空気をもたらし、喝采と優勝を勝ち取り、66年ぶりの五輪連覇を達成した」と説明。今回も同様に、ぶっつけ本番で北京五輪に臨むことになるかもしれないと伝えた。

羽生はまだ北京五輪への出場を明言していないが、同記事は「五輪の夢をあきらめるのは羽生自身が納得できないことだろう」とし、中国でも人気の高い羽生の出場に期待を寄せた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携