トップ女優のヤン・ズーが大手事務所から独立、アレン・レンやチョン・イーが次の看板スターに

anomado    2021年11月17日(水) 15時50分

拡大

このほど中国の大手芸能マネジメント事務所・歓瑞世紀(H&R Century)から女優のヤン・ズーが独立を表明したことで、次の看板スターは俳優アレン・レンらに移り、大幅な変化が予想されている。

このほど中国の大手芸能マネジメント事務所・歓瑞世紀(H&R Century)から女優のヤン・ズー(楊紫)が独立を表明したことで、次の看板スターは俳優アレン・レン(任嘉倫)らに移り、大幅な変化が予想されている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で5800万人のフォロワーを抱える人気女優のヤン・ズーが14日、6年間所属した歓瑞世紀との契約が満期を迎えたことで独立を表明。円満に事務所を離れることを明らかにした。もともと「小猴紫日志」の名前で運営していた個人事務所のウェイボーを、早くも2日後の16日には正式に名称を「杨紫工作室」と変え、新たなスタートを切っている。

過去にはヤン・ミー(楊冪)やヤン・ヤン(楊洋)など数多くの人気スターが所属してきた歓瑞世紀だが、ヤン・ズーが抜けたことで事務所のホームページでは、俳優アレン・レンの写真がトップの位置に。昨年、ドラマ「琉璃」でブレークした俳優チョン・イー(成毅)が2番目に浮上した。

事務所の看板スターだったヤン・ズーが消え、歓瑞世紀での序列や今後のマネジメントに大幅な変化が予想されている。女優部門でトップの位置に立ったと見られるのが、「如懿伝 ~紫禁城に散る宿命の王妃~」や「琉璃」に出演したチャン・ユーシー(張予曦)。配信待機中のドラマ「南風知我意」、最新作の時代劇「千秋令」では主演女優に抜擢されており、今後の期待を担う存在に。ヤン・ズーが抜けた穴を3人が埋め、さらにチョン・イーとチャン・ユーシーの発展に事務所が注力していくのではないかと予想されている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携