中国のグッチ店舗に偽商品、店員がすり替える、ネットからはあきれ声

Record China    2021年11月13日(土) 18時30分

拡大

中国上海にある高級ブランド「グッチ」の店舗で店員が店の商品を偽物とすり替える事件があったことが11日報じられ、中国のSNS上で大きな話題となった。

中国上海にある高級ブランド「グッチ(GUCCI)」の店舗で店員が店の商品を偽物とすり替える事件があったことが11日報じられ、中国のSNS上で大きな話題となった。

地元紙・新聞晨報の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウント「我要投訴」によると、問題が発覚したのは高級店やオフィスが集まる静安区の店舗。店側は9月13日、在庫品の中に偽物が交じっていることが抜き取り検査で分かったとして、何者かにすり替えられた疑いがあると警察に届け出た。

この件で先日逮捕・刑事拘留されたのは当時、この店で働いていた従業員で、「従業員価格」の名目で新デザインのバッグを中古品販売サイトに出品し、客と話がまとまるとネットで偽物を買って本物とすり替えていた。今年5月以降、同様の手口で本物のバッグ5点を売り、合わせて5万7000元(約100万円)の利益を得ており、在庫品に対する検査が行われると知った後、やましさで自ら店を辞めたという。

記事によると、店で偽物が販売された記録はなく、これに中国のネットユーザーからは「監視カメラがあるだろうに。何てことしたんだろうね」「監視カメラを空気のように思ってた?」などのあきれ声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携