<日中識者対談第36回>米中対立の行方と岸田政権の課題を読み解く

Record China    2021年11月12日(金) 18時20分

拡大

岸田首相は対中包囲網を引き継ぐのか。それとも米中対立の緩和に向けて動くのか。

G20とCOP26が終わり、米中は協調するどころかますます対立的になりつつあるように見える。そんな中にあって岸田文雄首相は11月中にも訪米して岸田外交を本格始動する。果たして岸田首相は対中包囲網を引き継ぐのか。それとも米中対立の緩和に向けて動くのか。林芳正新外相を同行して役割分担をさせるのか。二人の意見は一致するのか異なるのか?

詳細は、福井県立大学の凌星光名誉教授と元外交官の天木直人氏による「凌天対談」をご覧ください。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携