ECセールで「氷・雪」テーマの旅行商品予約数が前年同期比206%増に―中国

人民網日本語版    2021年11月9日(火) 5時50分

拡大

寒さが増し、来年の北京冬季五輪が近づくにつれて、中国では「氷・雪」をテーマにした旅行に対する「熱気」が高まっている。

寒さが増し、来年の北京冬季五輪が近づくにつれて、中国では「氷・雪」をテーマにした旅行に対する「熱気」が高まっている。

旅行予約プラットフォーム「飛猪(Fliggy)」が4日に発表した統計によると、ダブル11(11月11日のネット通販イベント)期間中、スキー旅行や雪をテーマにした旅行の予約数が現時点で前年同期比206%増となっているほか、人気の「氷・雪」をテーマにした旅行の予約数が累計で約10万件に達している。「スキー+温泉」のセット商品の予約数に至っては前年同期比8倍となっている。「氷・雪」をテーマにした原郷民俗、親子ツアー、スキー教室などの商品の予約数も目に見えて増加している。

旅行サイト・携程が発表した統計によると、一、二線都市のユーザーの30%以上が、スノーシーズンが到来する前に、スキー関連の商品を予約している。

河北省にあるスキー場・密苑雲頂楽園(Genting Resort Secret Garden)のマーケティングセンターの張旭光(ジャン・シューグアン)総経理は、「今年の『ダブル11』は、これまでで最も盛り上がっている。冬季五輪開催効果で、ウインタースポーツを始める若者が増えている。現在、20~40歳の消費者が全体の7割以上を占めている」と説明する。

観光客の送り出し地域を見ると、南方エリアの人々の間で、「氷・雪」テーマの旅行に対する人気が最も高まっていることが分かる。「飛猪」の統計によると、「ダブル11」期間中に「氷・雪」旅行を予約したユーザーが最も多かった地域トップ10は、上からの順に上海、杭州、北京、深セン、広州、南京、蘇州、成都、武漢、寧波となっており、南方エリアのユーザーが予約の7割以上を占めている。

「飛猪」の統計によると、「ダブル11」期間中の「氷・雪」旅行の最も人気の旅行先トップ5は、上から順に長白山、張家口、無錫、ハルビン、広州。なかでも吉林省の長白山、黒竜江省の亜布力、河北省の崇礼などの人気屋外スキー場の注目度や予約数の増加幅が大きくなっており、無錫、広州、重慶などの屋内スキー場、スノーワールドなどもウインタースポーツ愛好者の間で人気となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携