ファーウェイクラウド、230万の開発者を集約―中国

人民網日本語版    2021年10月29日(金) 21時20分

拡大

ファーウェイクラウドのテックウェーブ・グローバル技術サミットが広東省広州市で開催され、新スタイル「雲原生2.0」を発表した。

華為雲(ファーウェイクラウド)のテックウェーブ・グローバル技術サミット(応用現代化)が広東省広州市で開催され、華為雲は新スタイル「雲原生2.0」を発表した。中国新聞網が伝えた。

華為雲の張宇[日斤](ジャン・ユーシン)最高技術責任者(CTO)の説明によると、華為雲の新スタイル「雲原生」には、「ユビキタス、コンピューティング、スケジューリング、ネットワーク、万物のインターネット(IoE)、アプリケーション、データ、スマート、セキュリティー、産業のエンパワーメント」の10の分野が含まれるという。

華為雲モノのインターネット(IoT)製品サービス部の李樹森(リー・シュウセン)部長は講演の中で、「華為雲のインダストリアルIoTプラットフォームを土台にして、陝西煤業化工集団公司傘下の神木紅柳林鉱業有限公司紅柳林炭坑が業務のシステムを超えた共同連携、オフライン作業の全プロセスにわたるスマート化管理を実現し、スマート化した石炭採掘率は97.7%にも達した。深センの利亜徳光電有限公司のLED生産拠点では、華為雲のIoT技術が受注、資材の準備、生産、品質検査、製品発送など複数の段階に及ぶ高効率のオンライン協同を実現し、生産効率が20%以上上昇した」と説明した。

4年間の発展を経て、華為雲が集約した開発者は230万以上、コンサルティングパートナーは1万4000以上、技術パートナーは6000以上になり、クラウド市場商品は4500種類を超えた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携