<写真特集>秋の小田代ヶ原

任書剣    2021年10月31日(日) 10時10分

拡大

東武日光駅で湯元温泉行きの東武バスに乗り、50分ほどして「三本松」停留所で下車すると戦場ヶ原にたどり着く。

(1 / 21 枚)

東武日光駅で湯元温泉行きの東武バスに乗り、50分ほどして「三本松」停留所で下車すると戦場ヶ原にたどり着く。ここから自然の小道に沿って小田代ヶ原まで歩くと多彩な湿原の風景を眺めることができる。沿道にはフェンスがあり、これはクマの進入を防ぐためのものだ。

その他の写真

小田代ヶ原の草原は赤く色付き、今が最も美しい季節だ。色彩が豊かで、その中を散策することは比べようがないくらい楽しい。中国のネットで調べてみたところここに関する資料は多くなく、恐らく人々は日光東照宮により関心を持っているのだろう。

帰りは中禅寺湖を経由し、わざわざ下車して湯葉そばを味わった。コロナ前、ここは大勢の観光客でにぎわっていたことだろう。今は人もまばらで、店主も人々も所在なげだ。以前のようなにぎわいを1日も早く取り戻せるようにと願っていることだろう。(編集/野谷

●任書剣(にん・しょけん)

中国南京大学でマスメディアについて学ぶ。その後、日本に留学し2003年に日本映画学校を卒業。2008年には日本大学大学院で芸術学博士号を取得した。これまでドキュメンタリー映画を中心に制作し、2003年よりドキュメンタリー、報道などテレビ番組の制作に多く携わる。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携