東北虎林園で森の王者・アムールトラの魅力に迫る―中国

人民網日本語版    2021年10月28日(木) 0時20分

拡大

黒竜江省牡丹江市管轄下の海林市にある横道河子東北虎林園は、世界でも最大規模を誇るアムールトラ繁育センターで、「中国のトラの里」と呼ばれている。

(1 / 4 枚)

黒竜江省牡丹江市管轄下の海林市にある横道河子東北虎林園は、世界でも最大規模を誇る東北虎(アムールトラ)繁育センターで、「中国のトラの里」と呼ばれている。創立された1986年当時、同センターで飼育されていたトラはわずか12頭だったが、現在では1000頭以上にまで増えている。人民網が伝えた。

その他の写真

山々に囲まれた園区の森林率は98%に達し、アムールトラの自然な生育環境に近づけられている。そのため、アムールトラの野生化トレーニングに適した環境となっており、トラの野生の自然環境における生存能力を高め、最終的には「トラを山に返す」ための基礎固めを可能にしている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携