「なぜ松坂大輔は…」台湾野球ファンの疑問=「韓国に負けたから」「恨み晴らすため」―台湾メディア

Record China    2021年10月25日(月) 21時20分

拡大

このほど引退を表明したプロ野球選手の松坂大輔について、台湾の野球ファンからある疑問の声が上がっている。

このほど引退を表明したプロ野球選手の松坂大輔について、台湾の野球ファンからある疑問の声が上がっている。台湾メディアのETtodayが22日付で伝えた。

記事は、松坂の引退について「ファンにとっては一つの時代の終わりだ」と表現する一方、「2000年以降の野球の国際試合では、日本は台湾との対戦で非常に多く松坂を先発投手として起用しており、松坂は幾度となく台湾打線を抑えてきた」と指摘。これについて、台湾の有名ネット掲示板PTTで話題になっていると伝えた。

同掲示板では、あるユーザーが「松坂引退のニュースを見て、かつて彼が日本代表のエースだったころ、しょっちゅう台湾戦にぶつけられていたことを思い出した」とし、「日本ほどの実力があれば相性などは関係ないだろう。韓国は台湾よりも強かったのに、なぜ日本は松坂を韓国にぶつけなかったのか。日本からしたら、韓国よりも台湾の方が手ごわかったのだろうか?」と問い掛けた。

これに対し、別のユーザーからは「松坂なら(台湾相手に)勝ちが計算できるからだろう」「当時の台湾は145キロ以上の球は打てなかったからじゃないか」「弱い相手にエースをぶつけて確実に勝利するのも合理的」「(日本は)手元にエース級の投手がいっぱいいるんだから、その内の1枚を勝てる台湾に当てているだけ」といった声のほか、「松坂は韓国相手に負けた(2000年シドニー五輪3位決定戦)ことがあるからだよ」との声も寄せられた。

一方で、中には1995年にブラジルで行なわれた国際野球連盟(IBA)主催の第2回ワールドユースチャンピオンシップで松坂が台湾にノックアウトされたことを挙げ、「その時の恨みを晴らすため」に1998年のアジア野球選手権、99年と2003年のアジア選手権、06年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)などの台湾戦に先発していたとの見方もあり、「自分で投げたがっているんだと思う」「負けたのが悔しくて台湾を狙い撃ちにしているのでは?」「若い時に台湾に負けたことでそれ以降志願して台湾戦に投げるようになり、それからというもの台湾打線は打てなくなった」などのコメントも投稿されているという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携