バイデン米大統領が中国高速鉄道の「セールスマン」に―中国メディア

Record China    2021年10月24日(日) 20時0分

拡大

中国メデイアの極目新聞は23日、バイデン米大統領が中国の高速鉄道の「セールスマン」になったとする記事を掲載した。写真は中国の高速鉄道。

中国メデイアの極目新聞は23日、バイデン米大統領が中国の高速鉄道の「セールスマン」になったとする記事を掲載した。

記事は、バイデン氏が20日、生まれ育ったペンシルベニア州スクラントンでの演説で、自身の経済課題の一つとして高速鉄道に言及し、「中国は時速300マイル(約483キロ)の高速鉄道を建設中だ。ここからワシントンまで、自動車よりもはるかに速く達することができ、石油も節約できる」と述べると、ネット上では「これは(中国の高速鉄道の)良い宣伝になり、しかも無料だ」とする声が上がったと伝えた。

その上で、高速鉄道は中国を代表する「名刺」の一つになっているとし、2016年に発表された国家「中長期鉄道網計画」では、30年までに高速鉄道網「八縦八横(南北方向に8路線、東西方向に8路線)」の構築を完了させる計画となっており、20年時点でその7割が完成しているなどとした。

さらに、中国の高速鉄道を称賛したことがある各国の指導者には、ロシアのプーチン大統領やドイツのメルケル首相、パキスタンのシャリフ元首相、タイのプラユット首相、スリランカのシリセーナ前大統領、シンガポールのリー・シェンロン首相などがいるとも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携