韓国、若者・外国人向けに「K-POPスタイル」の竹島PR映像を公開=韓国ネット絶賛「めちゃかっこいい」

Record China    2021年10月20日(水) 20時20分

拡大

20日、韓国で竹島が「韓国固有の領土」であることをPRするために制作された一風変わった楽曲のミュージックビデオが公開された。

2021年10月20日、韓国竹島が「韓国固有の領土」であることをPRするために制作された一風変わった楽曲のミュージックビデオ(MV)が公開された。

韓国・ソウル新聞によると、東北アジア歴史財団は同日、MZ世代(1981~95年生まれのミレニアル世代と96~2012年生まれのZ世代)と外国人に竹島をPRするために制作した楽曲「アイランド(ISLAND)」のMVを公開した。

MVは海洋警察庁や海外文化広報院、教育部、鬱陵郡庁などの協力を受けて制作され、歌手のイ・ソジョン、伽耶琴奏者のチョン・ミナなど複数のアーティストが参加した。楽曲はイ・ソジョンのハスキーボイスをR&Bトラックに乗せ、K-POPスタイルに仕上げた一曲で、「韓流の影響力を利用して歴史を歪曲(わいきょく)する日本の実状を伝え、世界の人たちから共感を得る」ことを目的に英語で制作されたという。

MV総監督を務めたパク・チャングォン氏は「独島(竹島の韓国名)領有権問題は非常に重たいテーマだが、若い世代が難しく考えずに独島を観光地、美しい島と認識してくれたら」と話しているという。

東北アジア歴史財団のイ・ヨンホ理事長は「日本は東海を『日本海』と宣伝しており、10カ国語に翻訳してPRするなどデジタルメディア映像を利用した広報活動を強化している」とし、「この機会に、独島が韓国の島であるとの認識が世界の人に広がってほしい」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「素晴らしい。応援する」「本当に良い出来栄えだ」「めちゃめちゃかっこいい」「イントロからとても良い」「映像、音楽、衣装まで全て韓国らしい。誇らしい韓国、独島、イ・ソジョン」「神秘的な歌。韓国の情緒、神秘的な海、そして独島の強さが感じられる」など絶賛の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携