中国初の100%日系資本のファンド管理会社が北京で設立―中国メディア

人民網日本語版    2021年10月19日(火) 15時50分

拡大

ソフトバンクのアジア投資管理会社が全額出資して設立した「北京軟亜信創投資管理公司」がこのほど、北京市にある北京中日イノベーション協力モデル区で登録を終えた。

ソフトバンクのアジア投資管理会社が全額出資して設立した「北京軟亜信創投資管理公司」がこのほど、北京市にある北京中日イノベーション協力モデル区で登録を終えた。中国初の100%日系資本によるファンド管理会社であり、世界トップレベルの金融機関であるソフトバンクアジア法人の中国における重要な戦略的展開となる。北京日報が伝えた。

ソフトバンクアジアの投資チームには豊富な株式投資の経験と多くの投資の成功事例がある。00年に設立されてから、16のファンドの募集に成功し、調達した資金は総額10億ドル(約178億円)を超え、アジア、米国、イスラエル、欧州で科学技術・インターネット分野の企業233社に投資を行ってきた。

新会社によると、北京が世界のデジタル経済の代表的な都市を構築するようサポートし、ソフトバンクが世界で投資する人工知能(AI)企業を通じて、企業の進出と研究開発センターの設立を後押しし、企業のデジタル化モデル転換の発展をエンパワーメントする。投資を受けた企業はソフトバンクの協力の下、大興区のスマートシティープロジェクト建設に積極的に参加し、都市のレベルアップを支援する。同時に、新会社は中国現地のチップ産業のイノベーション・ブレークスルーを支援するとともに、イノベーション・起業の国際的なモデルプラットフォームの構築を推進するという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携