羽生結弦がGPシリーズに向け抱負、中国ファンの気掛かり「もし4Aを成功させたら…」

Record China    2021年10月18日(月) 16時0分

拡大

フィギュアスケートの羽生結弦がグランプリ(GP)シリーズに向けて抱負を語った。中国のファンからはある疑問が多数寄せられている。

フィギュアスケートの羽生結弦がグランプリ(GP)シリーズに向けて抱負を語った。中国のファンからはある疑問が多数寄せられている。

GPシリーズを放送するテレビ朝日は18日、出場する日本選手らのコメントを発表。五輪連覇中の羽生は「できること、一つずつ」とつづり、「自分の中ですごく大切にしている言葉の一つで、自分が今まで出会ってきた言葉の中でも、すごく大切にしている言葉です。今まで『進化』とか『挑戦』とか言ってきましたが、毎日出来ることは違うし、苦しんだり、楽しかったり、幸せを感じたり、悲しみを感じたり、いろんな感情がありますが、できることを一つずつ丁寧に積み重ねていきたいと思っています。自分の一番の目標は4回転半(4A)を成功させたいということなので、そこに向かって今、全神経と、全気力を使っている感じです」と思いを述べた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の羽生のファンサイトも同日、羽生のコメントを紹介。中国のファンからは「新しいシーズンも頑張ってね!」「4Aがついに出るか?」「きっと大丈夫だよ」「頑張って~すべてがうまくいきますように。4Aちゃんが無事に誕生しますように」「4A成功のために長い時間を費やしてきた。今シーズンはきっと実現するよ」「ユヅの願いがかないますように。それ以上に、彼が健康でいられますように」など、羽生の目標である4A成功を祈るコメントが多く寄せられた。

また、22年には北京冬季五輪が控えていることもあり、「ユヅは北京オリンピックに来るの?」「北京には来てくれるのかな?」「まだ決まってないみたい!」「五輪前に4Aを成功させたら、北京には行かないかも」など、五輪に出場するかどうかを気にする声も多く上がっている。

なお、羽生はGPシリーズ第4戦のNHK杯と第6戦のロシア杯に出場する予定。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携