仰韶村国家考古遺跡公園が開園―河南省

人民網日本語版    2021年10月18日(月) 21時0分

拡大

河南省三門峡市澠池県にある仰韶村国家考古遺跡公園が10月17日に開園した。

(1 / 9 枚)

河南省三門峡市澠池県にある仰韶村国家考古遺跡公園が10月17日に開園した。仰韶村遺跡は、仰韶文化が発見された場所であり、また同文化の命名の由来の地。国務院が1961年に発表した第一陣の全国重要文化財保護施設にも指定されている。今から100年前、仰韶村遺跡で初となる考古学上の発掘調査が行われ、中国における現代考古学もここから始まった。新華網が伝えた。

その他の写真

仰韶村国家考古遺跡公園には、仰韶文化博物館、発掘記念スポット、文化層断面、考古展示エリアといった様々な見どころを設け、記念となる仰韶村遺跡の考古学上での成果や遺跡の実際の姿、そして完全に保存された遺跡環境を展示している。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携