「EXPERIENCE北京」アジアンオープントロフィー2021が開幕―中国

人民網日本語版    2021年10月15日(金) 18時40分

拡大

北京冬季五輪の「EXPERIENCE北京」をキャッチフレーズにした「アジアンオープントロフィー2021」が14日、北京の首都体育館で開幕した。

(1 / 6 枚)

北京冬季五輪の「EXPERIENCE北京」をキャッチフレーズにした「アジアンオープントロフィー2021」が14日、北京の首都体育館で開幕した。大会初日、日本の男女の若手選手が、シングル前半のショートプログラムで首位で発進した。フィギュア・ペアとアイスダンスの参加選手は全員中国からの出場選手となっており、隋文静/韓聡組と王詩玥/柳鑫宇組といったベテラン選手が、オリンピックシーズン用プログラムを初披露した。北京冬季五輪テスト大会および2021-2022シーズン国際スケート連盟(ISU)チャレンジャーシリーズの一環である「アジアンオープントロフィー2021」には、9カ国・地域から31人の選手が参加している。新華社が伝えた。

その他の写真

弱冠18歳で昨シーズンの世界選手権男子シングルで銀メダルを獲得した鍵山優真は、ショートプログラムで、ジャズ調の「ウェン・ユア・スマイリング」で素晴らしい演技を披露し、いずれも参加選手中最高となる技術点54.14点、演技構成点43.66点をたたき出し、計97.80点でトップに立った。

演技を終えた鍵山は、「今シーズン初の演技となったが、ジャンプを全て成功することができた。リンクの状態が良好で、すごく滑りやすい氷だと感じた。オリンピック本番の雰囲気を十分に味わうことができた」とコメントした。

また、2位も日本人選手となっており、わずか17歳の佐藤駿が90.77点で2位につけた。

これまでの世界選手権で2度銅メダルを手にしたことがある金博洋(ジン・ボーヤン)は、中国人選手の中では最高となるショートプログラム3位での発進となった。

女子シングル・ショートプログラムでも、日本人選手が上位につけ、首位が坂本花織、2位が三原舞衣。3位はフィンランドのイェニー・サーリネン、中国勢では朱易(ジュウ・イー)が5位、金恒●(ジン・ヘンシン、●は金みっつ)が9位につけた。

フィギュア・ペアとアイスダンスの参加選手は全員中国からの出場選手となっており、平昌五輪で銀メダルを獲得した隋文静/韓聡組は、「ミッション:インポッシブル2」で計79.27点をマークし、ショートプログラムで首位に立った。

15日は、男子シングル、女子シングル、ペア―のフリーおよびアイスダンスのフリーが首都体育館で行われる。翌16日には、大会を締めくくるエキシビションが行われる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携