大麻使用で逮捕の中国男性歌手、「5年たっても活動できない」訴え、ウェイボーで発言禁止に

Record China    2021年10月14日(木) 18時20分

拡大

過去に大麻所持の疑いで逮捕された中国の男性歌手ソン・ドンイエが、5年が経過しても活動を制限されることに不満を訴え、中国版ツイッター・新浪微博(ウェイボー)への投稿が禁止に追い込まれている。

過去に大麻所持の疑いで逮捕された中国の男性歌手ソン・ドンイエ(宋冬野)が、5年が経過しても活動を制限されることに不満を訴え、中国版ツイッター・新浪微博(ウェイボー)への投稿が禁止に追い込まれている。

「董小姐」などのヒット曲で知られる34歳の歌手ソン・ドンイエは2016年、大麻所持の疑いで公安局に身柄を拘束された後、自宅に隠し持っていた大麻の発覚や、尿検査での陽性反応が報じられて世間に衝撃を与えた。今月11日、ソン・ドンイエはウェイボーに長文を投稿し、ライブを開催しようとしても必ず何者かに通報され、中止に追い込まれることを明かした。投稿内容を見ると、「僕はもう堕落していない。はい上がって自分を変え、いい人間になった。それでも生きる道を閉ざされるのか?」と書き込んでおり、5年が経過しても封殺が解けない現状を訴えている。

これについて中国共産主義青年団が12日、「薬物に関与した芸能人が復帰できるのに、地下に潜伏する公安局の捜査官はなぜ地上に復帰できないのか?」との一文を投稿。警官の殉職を伝える報道と、薬物に関わった歌手の復帰公演をマンガにした2枚の絵を並べ、同時に投稿している。

ソン・ドンイエの投稿についてネットでの反響は大きく、「薬物に関与した芸能人が元どおりの活動をしようと考えること自体、反省の色が見られない」「自分が表舞台に出なくても、楽曲提供などの形で生きる道はあるのに身勝手だ」といった声が上がっている。また、反響の大きさにより今後の影響を懸念したのか、12日にはソン・ドンイエのウェイボーは投稿禁止に追い込まれている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携