王毅外相がG20アフガン緊急首脳会合に出席、4つの提言―中国

人民網日本語版    2021年10月13日(水) 18時40分

拡大

中国の王毅外相は12日夜、アフガニスタン問題に関するG20の緊急首脳会合に、習近平国家主席の特別代表としてテレビ会議の形式で出席した。

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は12日夜、アフガニスタン問題に関するG20の緊急首脳会合に、習近平国家主席の特別代表としてテレビ会議の形式で出席した。新華社が伝えた。

王部長は「過去20年間のアフガニスタンでの経験と教訓から、各国が自ら選択した発展路線の尊重と、異なる文明間の相互寛容・相互参考こそが、国家間の付き合いにおける正しい道であることが改めて示された。自国のイデオロギーを他国に押し付け、事あるごとに他国の内政に干渉し、さらには軍事介入まですることは、混迷と貧困の持続をもたらし、深刻な人道的災害を引き起こすだけだ。G20は自らの特性と強みを活かし、アフガニスタンの主権・独立・領土的一体性の尊重と『アフガニスタン人が主導し、アフガニスタン人のものである』という基本原則の支持・実行をした上で、アフガニスタンと地域の平和・安定・繁栄・発展に貢献するべきだ」と指摘し、以下を提言した。

(1)人々の生活を第一とする考えを堅持し、アフガニスタンの人道的危機への対応を支援する。

(2)現在と将来を共に考慮して、アフガニスタンが開放的・包摂的な発展の道を歩む後押しをする。

(3)アフガニスタンからテロリズムを遠ざけることを確保するため、ゼロトレランスの姿勢で臨む。

(4)幅広く共通認識を形成して、アフガニスタンに関するさまざまなメカニズムが力を合わせる後押しをする。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携