「プラダ」野菜に若者殺到、「映え写真」撮影後に捨てる人も―中国

Record China    2021年10月14日(木) 15時20分

拡大

中国メディアの観察者網は12日、国際的な高級ブランドの「プラダ」が中国上海の市場とタッグを組んで行ったキャンペーンで、怒りを覚える一幕が見られたと報じた。資料写真。

中国メディアの観察者網は12日、国際的な高級ブランドの「プラダ」が中国上海の市場とタッグを組んで行ったキャンペーンで、怒りを覚える一幕が見られたと報じた。

記事によると、このキャンペーンは「烏中市集」で9月27日から10月10日まで行われ、広さ2000平方メートルの売り場にはプラダのロゴが至るところに出現。さまざまな果物や野菜、花がプラダのロゴ入り包装紙でくるまれてこれまで通りの値段で売られ、特に20元(約350円)以上購入するとプラダの手提げ紙袋がもらえるサービス(数量限定)は多くの若者やインフルエンサーの関心を呼んだ。

市場では若者やインフルエンサーが殺到してプラダの包装紙に包まれた野菜を抱いて写真撮影するなどの光景が見られたといい、店側は商売繁盛を喜ぶ一方、こうした現象に複雑な心境になった人もいたようだ。包装紙や紙袋について、ある店主は客の間で貸し借りや高額買い取りが行われていたことを明かしており、記事は「映え写真」を撮った後に野菜を捨てた女性が目撃されたことも伝えた。

中国のネット上では、「この野菜と一緒で、外見は洗練されていても食べ物を粗末にする様子は醜い」など批判の声が多数上がったという。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携