習近平 日本の岸田文雄首相と電話会談

CRI online    2021年10月8日(金) 23時10分

拡大

習近平国家主席は8日、日本の岸田文雄首相と電話会談を行ないました。写真は天安門

習近平国家主席は8日、日本の岸田文雄首相と電話会談を行ないました。

習主席は、中国と日本の関係について「両国は近隣である。両国の友好協力関係の維持と発展は、両国と両国人民の根本的利益に合致し、アジアひいては世界の平和、安定、繁栄にも役立つ」と、重要性を強調しました。また、「現在、両国関係はチャンスと試練が共存している」と述べ、来年の中日国交正常化50周年に触れ、共に重要な歴史の節目を迎え、両国関係の新たな発展の見通しを切り開くことに期待を示しました。

また、「両国は、両国関係におけるマイナスとプラスの経験を真摯にくみ取る必要がある」と述べ、四つの政治文書が確立した諸原則を遵守し、「互いにパートナーとなり、互いに脅威を構成しない」という政治的な共通認識を着実に実行することや、歴史や台湾などの重大かつ敏感な問題を適切に対応すること、食い違いをコントロールすること、正しい方向を着実に把握して両国関係の政治的基礎と大局を維持することなどの必要性を指摘しました。

このほか、両国が国政運営に関する交流や経済政策の協調を強化すると共に、公平かつ開放的な貿易と投資環境への共同維持を通じて、より高いレベルで相互の強みを活かし、互恵共栄を実現して、両国人民に更なる恵みをもたらすべきだとの見方を示しました。国際関係については、両国が真の多国間主義の実行、地域協力の積極的な促進、世界的な挑戦への協調対応を通じて、世界の平和と安定的な発展を維持すべきであるという中国側の考えを示しました。また、東京五輪の成功に祝意を示したうえで、来年2月に行なわれる北京冬季五輪への日本の積極的な参加に歓迎の意を示しました。

これに対して、岸田文雄首相は中国の国慶節に祝意を示したうえで、「両国関係は、現在の国際情勢と地域情勢の下で、新たな時代に入った」との見方を示しました。また、「中国側とともに、両国関係の歴史から重要な啓発をくみ取ると同時に、来年の国交正常化50周年を契機に、新たな時代の要求に満ちた建設的かつ安定した両国関係の構築に向けて努力していく」と強調しました。そのうえで、対話による意見の相違のコントロールをすべきだとして、引き続き中国側と連携して、経済協力と民間交流を強化すると共に、新型コロナウイルス感染対策や気候変動など、重要な国際と地域の問題において緊密な協力と交流を進めていきたい日本政府の姿勢を示しました。また、北京冬季五輪の順調な開催への期待を表しました。

今回の電話会談について、双方は「非常にタイムリーで、非常に重要だ」とみており、両国関係を正しい方向に向わせるために、引き続きさまざまな意思疎通と交流を維持していくことで合意しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携