宿泊客がエレベーターに乗り込んできたロボットを2度も蹴飛ばす=ホテル「めでたい日なので許す」―中国

Record China    2021年10月7日(木) 23時20分

拡大

中国四川省成都市内のホテルで2日夜、宿泊客がエレベーターに乗り込んできたロボットを2度も蹴飛ばすということがあった。

中国四川省成都市内のホテルで2日夜、宿泊客がエレベーターに乗り込んできたロボットを2度も蹴飛ばすということがあった。

中国メディアの「西部決策」が5日、SNS微博(ウェイボー)への投稿で伝えたところによると、宿泊客はエレベーターに乗り込んできたロボットを軽く蹴飛ばした。ロボットが再びエレベーターに乗り込んでくると、今度は本気で蹴飛ばし、ロボットはエレベーターの外で倒れた。その一部始終が防犯カメラに収められていた。

ホテル側によると、防犯カメラの映像に基づいて宿泊客を特定し、客が宿泊している部屋に電話をかけたが誰も出ず、客の携帯電話にショートメッセージを送っても返事がなく、客に電話したところすぐに切られた。客は翌日のチェックアウト時にもこの件に触れなかった。ロボットには何カ所か傷がつくなどしたがまだ使える状態で、建国記念日に当たる「国慶節」のめでたい祝日中でもあることから、宿泊客の行為について責任を追求しなかったという。

ウェイボー上では「謝ろうともしないなんてかなり悪質」と宿泊客を非難する声や、「こんな奴、甘やかしちゃだめだ」「器物損壊で警察に通報」などとホテル側がもっと厳しく対応すべきだったという声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携