自然保護区のヨウスコウワニを木の棒でたたく子ども、そばにいた親も制止せず―中国

Record China    2021年10月6日(水) 0時20分

拡大

中国安徽省宣城市の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区で4日、来園した子どもが木の棒でワニの頭部などをたたくということがあった。子どものそばにはその両親もいたが制止しなかったという。

中国安徽省宣城市の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区で4日、来園した子どもが木の棒でワニの頭部などをたたくということがあった。子どものそばにはその両親もいたが制止しなかったという。

中国メディアの「西部決策」は5日、SNS微博(ウェイボー)への投稿で、子どもがワニの頭部などを木の棒でたたく様子を映した動画を紹介。自然保護区の関係者が「許されない行為だ。巡回検査で見かけた場合は、忠告してやめさせる」とコメントしていることを伝えた。

動画を見た人からは「子は親の鏡」「ブラックリストに載せるべき」「ワニに反撃されてかまれたら、自然保護区のせいにするのだろう」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携